スポーツ

【プロ野球】高卒4年目の選手たちがボチボチ活躍し始めた件

あなたは覚えていますか?今から4年前の夏の甲子園大会—。

優勝は大阪桐蔭でしたが、秋田の金足農業高校が“カナノウ旋風”を巻き起こして決勝まで勝ち上がり、大いに湧きました。

決勝では柿木、横川、根尾といういずれもエース級の三投手をそろえる大阪桐蔭が、吉田輝星投手が孤軍奮闘の金足農業を大差で退けましたが、準決勝までのカナノウの戦いぶりは感動ものでした。

あれから4年が経ち、あの年にプロ入りした選手たちは今どんな感じなのか、主観も交えながらわかっている範囲で書いてみたいと思います。

まず、直近で最も目立っているのは何と言っても中日の根尾昴投手ですね。笑
野手から投手に転向したばかりで登板はまだ7試合めぐらいだと思いますが、今日の阪神戦も失点はしたものの想像以上に通用してますよね。

でも、投手では巨人の戸郷翔征投手(聖心ウルスラ高)の活躍ぶりがダントツでしょうね。
同じく巨人の横川凱投手(大阪桐蔭)や日本ハムの柿木蓮投手(大阪桐蔭)なんかも登板のチャンスが増えてきているようですが、個人的な期待はやはり吉田輝星投手ですかねぇ。

先発ではなかなか結果を残せなかったのですが、中継ぎで起用されたらいい仕事をして、「ストレートがえぐい!」と今シーズンは度々話題になっていました。笑
本人は先発起用が希望なんでしょうが、適性で言ったらむしろ中継ぎやクローザー向きなのかもしれませんね。

野手では高校ナンバーワンショートと言われた広島の小園海斗選手(報徳)が早くから1軍で起用されていましたね。
今年は念願のレギュラー獲得でしょうか。
ロッテの藤原恭大選手(大阪桐蔭)も1軍起用は早い方でしたが、やや伸び悩んでいますかね。

ロッテといえば、秋田の明桜高から入った山口航輝選手の方がむしろ目立っていますね。
甲子園の地区予選では決勝で吉田投手の金農に敗れて甲子園出場はかないませんでしたが、プロ入り後は長打力を活かして吉田投手よりも活躍している印象です。(ちなみに山口選手は大阪出身)

野手でいうと今年大ブレークしているのが日本ハムの野村佑希選手(花咲徳栄)やヤクルトの濱田太貴選手(明豊高)、それから最近売り出し中の巨人の増田陸選手(明秀学園日立)あたりでしょうか。
日本ハムでは万波中正選手(横浜高)も大きい当たりを飛ばしていましたが、当たりが止まって2軍落ちしちゃいましたね。残念。

僕が思いつく範囲ではそんなところでしょうか。
もちろんシーズンはまだ半分残っているのでこれから活躍する選手も出てくるでしょう。
根尾くんの投手転向が吉と出るか凶と出るかの結果も楽しみです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。