フリートーク

歳取ってから細かいことが気になるのって…なんでだろ?

こんばんは、塩分の摂り過ぎは良くないからとラーメンのスープを薄めたはいいが、全て飲み干したら意味ねーじゃん!ってなってるキタムラフユトです。

極めて個人的な話で恐縮ですが、歳をとって気づいたら「性格変わった?」と思うような場面が増えてきたような気がします。

ちょっとしたことにこだわる

わかりやすい部分でいうと、どうでもいいような小さいことに“妙にこだわる”ようになったような…。

うちの家族構成は、自分と奥さんと娘と孫の4人。

奥さんと娘の行動パターンは似ていて、例えば新聞を広げて読んだ後、畳むときに中身がズレていても全く気にしないのですが、ゴミ出し係の僕としてはwきっちりキレイに畳まれていないと気になってしょうがないので、ズレを直して畳み直します。笑
物の位置がちょっと曲がってる、とかも無意識に直したりしてますね。

母娘ともに“飲み残しのお茶のグラス”をそのまま置きっぱなし—というのもほぼ毎日でw、これも気になっちゃってしょうがない。
飲みきってすぐ洗うか、全部飲まないなら残ったお茶は捨ててすぐに片付けたらどうなの?って思っちゃう。

それと、プラゴミの袋なんかをそのまんまゴミ箱に放り込むけど、そのままだとかさばって見栄えも良くないwので、細長くたたんで一回結ぶと…なんかスッキリして満足w。

僕が主に担当している家事は、ゴミ出しと夕食用の米とぎと夕食後の片付け(食器洗い)とお風呂洗いぐらいなんですが、食器を洗うのは嫌いじゃなくてずっと何年(何十年?)もやっています。

米を研ぐのとかは別に僕じゃなくてもいいのですが、もう僕がやるもんだと思って誰もやらないのでw、仕方なくやっている感じ。(お風呂洗いもそう)

食器洗いに関しては、娘と孫が加わってから洗う食器の数が倍以上に増えちゃって少し大変になりました。
娘が料理好きなのでいろいろ作って小分け用のお皿も何種類も使うのでそうなったのですが、数が増えるのは別にいいんです。

前からギモンで仕方ないのが、女どもは(口が悪くなってきたゾ)油物の料理に使ったお皿や小鉢なんかの上にも平気で何枚も重ねてシンクにどんどん置いていくんだが、油でギトギトのお皿の上に重ねたら上のお皿の底も油まみれになっちゃいますよね?
重ねなかったら底の部分は汚れないから丁寧に洗う手間も省けるのに、なんで安易に重ねちゃうかな?っていう…。

運ぶのが楽だっていうのはわかるけど、洗う人の立場も少しは考えてくれたらいいのに、と。


ね、細かいでしょ?笑
若い頃はそんなことを1ミリも考える人じゃなかったんですよ僕は。歳取ってからです。
口うるさく小言を言うお姑さんてこんな心境なのかな、と思ったりもして。笑

でも僕は、気になっても小言なんかは一言も言いません。
「しょうがねぇなぁうちの女どもは…」ぐらいに思う程度で流してます。
小言を言って空気が悪くなるのも嫌だし、そういうアンタだって!と奴らの反撃を食らうのもできれば避けたいので。苦笑

仕事が丁寧なのはいいことだけど…

若い頃から仕事がわりと丁寧なのは母親譲りかもしれません。

母親のやることを見ていて、丁寧なのはいいけどもっと動作をテキパキにしたら良くね?とイラつくことも多かったのですがw、気づけば自分も無駄に時間をかけすぎている仕事が多々あるな—と思ってしまいます。

例えばこのところ多かった仕事で、商品のキャッチコピーを貼ったパネルを半楕円に切り抜いてさらに両端を丸くするっていうのがあって。

この作業を機械なんかないからフリーハンドでやるんですが、定規を当てて真っすぐ切るだけの作業に比べると軽く10倍以上の時間がかかるんですね。
時間が10倍かかるからといって時給換算で値段を10倍にするわけにはいかないので、なるべく時間をかけずに効率良くやるしかない。

角を丸くするっていうけど、お店に来る人は商品のそばにつけてあるパネルなんかちゃんとどころかほとんど見てないですよ。
だから“ほどほどに”丸くなってりゃいいんだけど、その“ほどほど”ができなくてついつい時間をかけすぎちゃうんですよね。(機械を使ったのかってぐらいキレイに)

手間をかけてもかけなくても報酬は変わらないんだから、そこまでやる必要はない、いわば自己満足の世界なんですけど。

そういうところも、歳をとってから余計にこだわるようになった気がしているんです。

同じシニア世代のあなた、同じように思うことありません?「性格変わったかも」って。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。