スポーツ

サッカー王国・ブラジルはさすがの強さだった

サッカー日本代表の対ブラジル戦が終わりました。

見応えがありましたね。
アジア予選のつまらない試合と違って。笑

FIFAランク1位のブラジルのプレーはやはり別格でした。
面白いようにボールがつながるし、ゴール前までくればシュートまで持っていく技術、スピード。

さすがはサッカー王国・ブラジルですね。
日本はレベルの差をまざまざと見せつけられた感じです。

それでも日本代表も粘り強く守って、前半は得点を与えなかった。
3点ぐらいはしょうがないかなと思っていましたが、PKの1点に抑えたのは良かったんじゃないでしょうか。(疑惑の判定でしたが)

得点を取れたらなお良かったんですが、なかなかゴールのチャンスすらもらえませんでしたね。
あれだけ簡単にボールを失っていては、なすすべがありません。
惜しい場面もあるにはあったけど、何せ相手は世界一とも評される鉄壁のゴールキーパーですからね。

雨の国立競技場は超満員(63,638人)で、声出し禁止にもかかわらずw多くの声援が飛んでいました。
ネイマールの華麗なプレーを生で見られただけでも満足したんじゃないでしょうか。

11月のW杯も今から楽しみです。
日本代表の予選突破は厳しそうですが、負けるにしても納得のいく負け方をしてほしいものです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。