世間の話題

【水ダウ】バラエティ番組の企画に過剰反応する弊害もあるけど…

7月6日放送のTBS『水曜日のダウンタウン』の放送内容に対して、NPO法人日本吃音協会が抗議文を送ったというニュースが話題になっていました。

抗議の内容は、
「放送内容は吃音者に対する差別と偏見を助長するものであり、再発防止と番組制作の基準・指針の見直しを求める」
といったもの。

※「吃音」とは、話すときに最初の一音に詰まってしまうなど言葉が滑らかに出てこない発話障害の一つ

『水ダウ』ってどんな番組?

『水曜日のダウンタウン』という番組は、お笑い芸人や芸能人が自ら提唱する説や企画をプレゼンし、その説を検証するという、ダウンタウンがMCを務める人気バラエティ。

水曜日のダウンタウンの番組イメージ画像
(画像引用:www.tbs.co.jp)

僕も何度か見たことがありますが、お笑い芸人にドッキリを仕掛けて笑いを取るというスタイルが多いようですね。

問題になった7月6日の回は見ていませんでしたが、「説教中の『帰れ!』額面通り受け取るわけにはいかない説」と題して、お笑い芸人が後輩芸人を叱責し「帰れ!」と怒鳴って帰宅させる、という内容だったようです。

この中で、仕掛け人のチャンス大城さんが後輩芸人「インタレスティングたけし」さんに食事の場で説教し、たけしがしどろもどろになる様子が放送された、と。

これに対して視聴者の一部から、
「この後輩芸人はもしかしたら吃音なんじゃないか」
「吃音の人の喋り方を笑ったりバカにするのはダメだ」
「吃音を笑いものにしている」
といった声が上がったんだそうです。

テレビに向かって文句を言うおじさんのイラスト

そうした中で日本吃音協会がTBSに対して抗議文を送った、という流れですね。

ネットの反応

インタレスティングたけしさんという芸人を僕は見たことがないので笑、芸風や人柄は想像の域を出ないのですが、この件について本人はTwitterで
「またテレビジョン出たい!!」と言っているそうです。

また、4年前のR-1グランプリで優勝した、生まれつき視覚障害を持つ漫談家の濱田祐太郎さんはこの件について、

バラエティーで障害のことをネタにするとすぐ
関連団体が「差別を助長する」と抗議する
そうなるとテレビ局やスポンサーは障害者を使うのはやめようってなる
当然差別は良くない
だから俺はテレビ局にもスポンサーにも関連団体にも言う
障害者にテレビでお笑いをさせないことこそが差別やろう

とツイートしたそうです。

参考までに紹介すると、吃音協会のHPに掲載されている「理念」には、

120万人。この数字は日本人の吃音当事者のおおよその総数です。
「生まれてこなければよかった。」
この言葉は120万人の人が一度は思った言葉です。

と、書かれていたそうですが、
「生まれてこなければよかった。」の部分が偏見に満ちた文章だとしてネットでプチ炎上した結果、協会は昨日、この部分を削除したそうです。苦笑

ネットの反応を見ていくと、今回の協会の抗議に対しては否定的な意見が多いようですね。

・日本吃音協会のHP、偏見の塊では?(※削除前の意見)

・ニュースになっている当人は悲痛な叫びをあげている。当事者を置き去りにして一体何の抗議だ

・別に吃音症だから出したわけじゃないみたいだし、これで抗議していたら人前に出る仕事はなんもできなくなっちゃうね

・インタレスティングたけしが吃音かそうじゃないかなんて1ミリも頭によぎらなかった

・こういう問題って周りがどうこういうのではなく本人がどう思うかだと思う

・吃音症の方を守るはずの協会が吃音症の方の人生を壊しているように思える

・子供達への教育 道徳を教えるのが大切であって
臭いものには蓋をしろ的な考え方が良くない
差別を助長するから見せるな、ではなく
色々な人がいて世界は動いているということを教えていくべきだと思う

・番組を見ていましたが、この抗議は本当に理解に苦しむ。
決して「差別と偏見を助長」しているようなものではなかった。
このような抗議の影響を受けることなく、インタレスティングたけしさんが今後もテレビで活躍の場がある事を祈っています

・本人が何とも思っていないのなら、そこまで問題にするべきでないのではと思う。
問題だ問題だと言い過ぎてしまうと、そもそもそういう人と絡むのは面倒だから絡むこと自体を避けてしまうと思う

・この抗議は、日本吃音協会がインタレスティングたけしさんの芸人としての人生を否定したことにならないかな?
こういうことがあると彼を使いづらいと判断して彼が仕事を失うことになったら
協会はどう責任を取るのだろう

・これは協会自身のエラーではなかろうか
番組を見ても、該当の芸人さんは自らを表現していただけにすぎないし、
番組側の編集にも吃音を笑い物にする様な意図がある様には見えなかった

・めんどくさいから出さないように関わらないようにってなると、損をするのは芸人本人だと思う

・協会はこの芸人のことを何一つ考えずに抗議しているのか?

・吃音を笑いになんか誰も全然していなかったのに

・あの場面で笑わずに「かわいそう」なんて言われたらもっと惨めだろ

・番組を見てたけど、これに関しては差別っていう方が差別の典型

一方で、少数ながら抗議に理解を示す意見も。

・ほんと健常者には理解されないけど、吃音はつらい
言葉が出なくなるし、話せてもどもる
言いたいことあるなら言えよと何回も言われたが、言えないんだよ・・・

・吃音気味の友人を持つ俺にはちょっと辛かった

・地上波でこうゆうのはダメだっていう基準はいつになったらわかるんだよ

・これ吃音を笑いにしてたわけじゃないけど、こういう抗議が来るんだろうなと思って見てた

※参考資料としてYouTubeチャンネル「ネットノワダイ」さんの動画から引用させていただきました。

さて、これらの意見を見ると、番組に抗議した日本吃音協会への批判がわんさかって感じですが…

確かに、視聴者の多くが「差別や偏見には見えなかった」と言っているので、今回の抗議は協会側の過剰反応だと言われても仕方ないかもしれませんね。

ただ一部で「吃音を笑いものにしている」と受け取る視聴者がいるのも事実で、その辺のさじ加減はテレビマンにとっても悩みの種なんでしょう。

そんなこともあってこの1、2年の間に「面白い作品が作れなくなった」と言ってテレビから軸足を抜くプロデューサーやディレクターが増えていますよね。

テレビディレクターのイラスト

また、ニュースバラエティのコメンテーターも発言に気をつけるようになって、「当たり障りのない無難なコメントばかり」といった批判を受けたり…。

僕の素直な感想は…

言いたいことは上で出尽くしちゃってるので、改めて言うこともないんですが、
僕の素直な感想を一言で言っちゃうと・・・
「息苦しい世の中だなぁ。つまんねぇな…」
っていう感じですかね。

こういう話題になるといつも思うんですが、
見たくない番組だったらいちいち文句言わなくても見なきゃいいだけの話だし、障害者への理解を求めるということだったら、視覚障害を持つ芸人の濱田くんや乙武さんのように堂々と公の場に出て発信したらいい。

「生まれてこなければよかった」は本音かもしれないが、それでも生きていくんだから、つらい時は「つらいんだーーー!」と叫んでもいいし、「バカにすんなーーー!」と言えばいい。

インタレスティングたけしさんが「またテレビジョン出たい!!」と思うなら、 四の五の言わずに「芸を磨け」と言いたい。

障害があろうがなかろうが、必要とされる人間なら世の中はバカにしたりしないと思いますよ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。