エンタメ

ギターを始めて1年以内に止めてしまう人、続ける人

「ヤフー知恵袋」を少し覗いてみたら↓こんな質問がありました。

「フェンダー社の調査では、ギター始めて1年以内に止めてしまう人が9割だそうです。ほんとでしょうか?」

どんな回答を期待しての質問なのかは計りかねますがw、自分なりに思うところもあったので少し書いてみます。

ギター弾きのタイプもいろいろですね

フェンダー社の調査、とあるので一概に「日本だってそんなもんでしょ」とは言い切れませんが、自分の周りを見渡してみても、まあ、大体そんな感じなのかなぁ—とは思いました。

時代時代で流行った音楽によって、あるいは好みのジャンルによって、弾きたいと思うギターもアコギ派エレキ派に分かれると思いますが、僕の場合はアコギ一択でした。

アコギを始める人の中でもさらに分かれるのが、サイドギター派とリードギター派ですよね。

僕の場合は基本的に歌いたかったのでw、何種類かのコードを覚えて曲調によってストロークかアルペジオ(弾き方)を選ぶだけなので、特に難しい技術は不要でした。
要は「歌の伴奏程度でオッケー」のレベル。(実は練習嫌いなだけ という噂も)

逆に、歌なんかどうでもいいからwかっこよくイントロや間奏でリードギターを弾きたいという人もいて、テクニックとしては覚えることも多そうだし訓練の時間も長いんでしょうね。

人それぞれに適性というのもあるから、僕みたいに手先が器用なわけでもない、根気の要る作業が得意じゃない人間にはw、そもそもリードギターなんて習得するのに100年はかかる。(せめて生きてるうちになんとかしろ)

なので、エレキギターの速弾きとかできる人は尊敬します。(かっこいい、単純に)

弾き始めで挫折するポイントは?

あくまでも自分の経験の範囲での話になってしまうのですが、ギターを始めて最初につまずくポイントが幾つかありますよね。

まず、アコースティックギターの場合、コードを押さえる左手の指が痛い問題
細っそいスチール弦がパンパンに張ってる状態ですから、ヤワな指先との相性は決していいとは言えないんですね。

痛い痛い言いながら三日もやってたらもう…「えーい、こんなんやってられっかー!」ってなる。w

ちなみに、痛みに耐えつつ一週間ぐらいやってたら指先にタコができてきて、だんだん平気になるんですけどね。

次に来るのが、コードの「F」を押さえられない問題ですね。
いわゆるバレーコードって言うんですか? 人さし指で6本の弦全部を押さえなきゃいけないアレですよね。
それをやった上で中指、薬指、小指も同時に使うわけなので、指がつりそうになっちゃう。w
しかも、まともな音が出ないっていうことでね。「えーい、こんなん出来っこねー!」と。

この「F」問題については抜け道もあるのでどこかの機会にお話しします。

あとは、コードチェンジがスムーズに出来るようになるまで結構苦労するので、歌の伴奏をしたいのに歌が途切れ途切れになっちゃうから、「えーい、もうカラオケでいー!」ってなりかねない、と。

そんなところですかね、とっかかりの挫折ポイントは。

余談としては、僕自身はリズム感については人並みだと思っているのですが、たまに「絶望的にリズム感が無い人」というのがいるものでw、そもそも「一定のリズム」が理解できないので音楽として形にならない、というケースも稀にあるかと。

ギター始める動機も止める理由もいろいろですが…

男の子にギターを始めた動機を聞くと、だいたい9割5分くらいは「モテたいから」と答えますね。
実際にモテるかどうかは別にしてw、動機としてはあながち冗談とも言い切れない感じ。

ですが、単純に「モテたいから」だけで始めた場合、うまく上達しなかった時に「オレには向かない」とか「ギターよりやっぱスポーツ系でしょ」とか自分に都合のいい言い訳を考えて止めちゃいそうですよね。

諦めないで続ける人は、例えば僕のように「いつかは陽水さんみたいに歌いたい」とか、「バンドを組んでステージに上がりたい」とか、何か明確な目標があってやり続けるんでしょうね。

学生時代にギターをやった人も、やがて社会人になり結婚して家庭を持つようになると、仕事や時間に追われてギターを弾く機会が減るというか、だいたいは休止してしまうんじゃないでしょうか。

でも、やがて子育てが終わったり仕事も一段落して時間に余裕ができてくると「また始めてみようかな」となる方も多いのかもしれません。

僕もそうです—と言いたいところですが、正直言うと僕はあんまりやりたいとは思っていません。(は?)
なんでしょう? 目指す理想が高すぎるというか、それに対して自分の歌もギターも下手すぎるし、かといってうまくなるために練習を続ける気力もないというか…。(そこは頑張ろうよ)

ただ一方で、「やらなきゃ」という気持ちは常にあるんですね。
たとえレベルは低くても、せっかく身についた技術ではあるわけだし、同年代の方でこれから歌の伴奏程度は弾けるようになりたいと思っておられる方がいたら、多少なりともお手伝いできるじゃないか—と。(あと、自分のボケ防止も兼ねてw)

そんなことで、来月あたりからいよいよ重い腰を上げて、YouTubeの方でギター弾き語り講座(初級編)というのを立ち上げたいと思っておりますぅ。(ほんとだろーな!)←自分にプレッシャーかけるやつ

ギター始めて1年以内に止めた方も続けている方も休んでいる方も、この機会にまた、ポロンポロンしてみませんか?

僕は自分のケツを叩く意味で、久々におニューのギターを発注しちゃいました。(奥さんにはナイショ)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。